Kasabianのライヴ、めっちゃアップデートされてますね。

スポンサーリンク

Kasabianに関しては、新譜に限らず過去何作もピンときてないんですけど、ライブはめっちゃスケール感が大きくなっててびっくりしました。

元々こういう資質を持っていた華のあるバンドだったとは思いますが、やっぱり場数って大事やなって痛感しましたね。

ただ曲を連打していくだけのライブをするバンドという印象だったんですが、ショー全体として魅せるようなライブのやり方に変化してます。

 

長いことやってるだけあって、手札の数・種類も半端ないですし、それをどう料理するのかという部分でも相当量のノウハウが蓄積されてるのが分かります。

その段階まで来れるバンドって本当に稀有ですから、リスペクト満載です。

 

個人的に1つ思うのは、最新作にも言えるんですが、彼らのやるミニマルな音楽ってあんまり魅力的ではないんですよね~。

なんかアホっぽさが先に立ってしまうというか、、

ただ音を削いでるだけなので、飽きが来るのが早い。

(新作は2周目で飽きましたw)

まあ元々音楽IQの高さが売りのバンドでは全然ないですから、求めるのが間違ってるんでしょうけど、「カサビアンが1番好き」「ずっと聴いてられる」っていう人はいるのかなと思ってしまうのも正直なところです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です